税理士になるには、以下のような方法があります。 ・税理士試験に合格する ・税務署に一定期間以上勤務する ・弁護士や公認会計士の資格を取得する ・大学院を卒業して資格を取る 最も一般的なのが、税理士試験に合格する方法です。 試験内容は難しいですが、諦めずに努力をすれば合格することができるでしょう。 また、あまり知られていませんが、税務署に一定期間以上勤務することによって、税理士になることができます。 つまり、試験を受けなくても税理士として働けるということです。 それに、弁護士や公認会計士の資格を取得すると、税理士の業務も行えるようになります。 ただ、一般的には、司法試験や公認会計士試験の方が難易度が高いといわれているので、税理士になりたいのなら税理士試験を受けた方がいいことはいうまでもありません。 また、一定要件を満たす大学院を卒業した場合にも、税理士の資格を取得することができます。 このように、税理士試験に合格しなくても、なろうと思えばなることができるのが税理士という職業です。